コラム

パワーハラスメントとは何か?その影響と対策について

スクリーンショット 2023-10-18 131710

パワーハラスメントは労働環境における深刻な問題であり、従業員の心身の健康や生産性に悪影響を及ぼします。パワーハラスメントの定義や影響、そして対策について詳しく説明します。また被害を受けられている方が問題を解決する手助けになればと思います。

パワーハラスメントの定義

パワーハラスメントは職場で上司や同僚から受ける①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものであり、①から③までの3つの要素を全て満たすものをいいます。これは、暴言や侮辱、威圧的な態度、過度の監視、業務上の妨害なども含まれます。被害者は、これらの行為によって屈辱感やストレスを感じ、自己評価や自尊心が損なわれます。

パワーハラスメントの影響

パワーハラスメントは、被害者の心身の健康に深刻な影響を及ぼします。以下に具体的な影響をいくつか挙げます。

1,心理的影響:パワーハラスメントによって、被害者は不安やうつ病、ストレスなどの心理的な問題を抱えることがあります。これにより仕事のモチベーションが下がり集中力が低下し、業績や生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。

2,身体的影響:長期間にわたるパワーハラスメントは、身体的な健康問題を引き起こすことがあります。頭痛、不眠、消化器官の問題などがありますが、体調不良による欠勤が増えるなど業務に支障をきたすだけでなく企業にとっても貴重な人材の損失につながる恐れがあります。

3,キャリアへの影響:パワーハラスメントは被害者のキャリアにも深刻な影響を及ぼします。被害者は昇進やチャンスの機会を奪われ、能力や才能が適切に評価されない可能性があります。

パワーハラスメントは被害者の心身的被害だけでなく今後の社会生活にまで影響を及ぼします。これは企業にとっても大きな損失になります。

パワーハラスメントへの対策

パワーハラスメントへの対策は、個人と組織の両方によって行われるべきです。以下に対策のいくつかを紹介します。

1,問題の認識:まずはパワーハラスメントの問題を認識し、関係者に対して啓発を行うことが重要です。外部から講師を呼びパワーハラスメントの対策研修などを通じて、パワーハラスメントの定義や影響、適切な方法について学ぶ機会を提供しましょう。

2,ポリシーと手順の整備:組織は、パワーハラスメントに関する明確なポリシーと手順を策定し、従業員に周知徹底する必要があります。被害者が報告しやすい環境を作り適切な対応が行われるようにすることが重要です。

3,外部相談窓口の設置:パワーハラスメントの被害者は、精神的にストレスを感じ大きな不安を抱えている可能性があります。プライバシーが守られ、安心して相談できる外部通報窓口(日本公益通報サービス株式会社)を組織が設置することによって被害者が安心して相談することができます。また、外部のパワーハラスメント相談窓口(日本公益通報サービス株式会社)が被害者の代理として組織に報告することができます。

4,ハラスメントを行った者への教育:パワーハラスメントを行う者に対しては、適切な処罰や教育プログラムを導入しましょう。ハラスメントを行った者にとっても、社内での信用の低下や懲戒処分や訴訟のリスクを抱えることにもなり、自分の居場所が失われる結果を招いてしまうかもしれません。また、組織内の権力構造や文化を見直し、パワーバランスの改善に取り組むことも重要です。

パワハラ防止法・改正公益通報者保護法対策の窓口整備はお任せください。

まとめ

パワーハラスメントは労働環境における深刻な問題です。被害者は人格や尊厳を傷つけられ、場合によっては休職や退職に追い込まれたり、生きる希望を失うことさえあるのです。

組織として従業員に問題の認識、ポリシーの整備、外部通報窓口(日本公益通報サービス株式会社)の設置、教育内容や処罰の取り決めなどを通じてパワーハラスメントに対応する必要があります。パワーハラスメントによる被害者がいなくなることを目指し、健全で公正な労働環境を作りあげるために、私たち一人一人が貢献することが大切です。

社外相談窓口の必要性

ハラスメントの被害者はとても傷つきセンシティブな精神状態になっています。上司や同僚に相談しても、後から加害者から報復を受けることを恐れて通報を躊躇してしまうことが考えられます。セクシャルハラスメントの被害者が女性の場合、男性の上司や社内窓口担当者へ話をすることを躊躇し泣き寝入りする可能性もあります。

こうした状況に対応するために女性が相談窓口担当の「社外通報窓口」の設置が必要です。社外通報窓口は、組織内の従業員がいつでも安心して相談できる独立した窓口です。外部に設置された相談窓口は中立的な立場から問題の解決を支援し通報者を守ります。

組織内ではハラスメントの予防意識を高めるためのコーポレートガバナンス(※1)を充実させる努力が求められます。ハラスメントのないリスクカルチャー(※2)を築くことが企業の信頼につながります。

従業員が安心して働ける環境を確保するためには内部通報窓口を外部委託し、内部通報制度を充実させることが不可欠です。些細なことでも従業員の声を聴き、ハラスメントの予防と解決に向けて協力し、より健全な職場環境を作っていきましょう。

日本公益通報サービス株式会社のハラスメント相談窓口(内部通報窓口)では、

傾聴スキルが豊富な女性スタッフが優しい心で対応致します。

日本公益通報サービス株式会社(略称:JWBS)では、業界最安値で企業のハラスメント相談窓口を代行します。社内のハラスメント対策に、弊社のハラスメント外部窓口代行を是非ご利用ください。

(※1)「コーポレートガバナンス」とは、企業が経営を適切に行い、株主や利害関係者の利益を守るための制度や仕組みのことを指します。

(※2)リスクカルチャーとは、組織や社会において、リスクに対する意識や態度、価値観のことを指します。

◆日本公益通報サービス株式会社(略称:JWBS)が企業のハラスメント相談窓口、循環取引などの内部通報窓口を代行し、従業員や顧客の声を集め、内部不正や整備の不備に対する真偽の確認と対策立案を支援するとともに、従業員の心と健康づくりを支援いたします。

令和2年6月「公益通報者保護法」が一部改正、「改正公益通報者」が一部改正され、令和4年6月1日から施行されました。法改正により従業員数300人を超える事業者には、内部通報に適切に対応するための必要な体制の整備が義務付けられます。具体的には、通報窓口の設置や通報者の不利益な取り扱いの禁止、通報者情報の保護などが求められます。しかしながら、社内でこれらの体制整備を実施することは、多大な負担となる場合がございます。そこで、日本公益通報サービス株式会社では、業界最安値で内部通報窓口サービスを提供いたします。

通報者が安心してご相談いただけるハラスメント相談窓口を代行させていただき、明るく働きやすい職場環境をつくるお手伝いを致します。

◆日本公益通報サービス株式会社について

本社:   〒231-0023
      神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル9階

代表者:  代表取締役社長 小塚 直志

設立:   2023 年 3月

資本金:  1000万円

事業内容: コンプライアンス違反(不正・ハラスメントを含む)の早期発見、
      リスクの迅速な検知・問題解決を目指します。

企業サイト: https://jwbs.co.jp/

関連記事